カラコンが初めてで怖い…そんな方でも安心。カラコンの正しいつけ方・使い方を解説

カラコンが初めてで怖い…そんな方でも安心。カラコンの正しいつけ方・使い方を解説
最終更新日:2021年06月16日 公開日:2021年06月11日
投稿者:日向

カラコンが初めてで怖い…そんな方でも安心。カラコンの正しいつけ方・使い方を解説

多くの女性が日常的に使っているカラコン。しかし、初めてだと使うのに、「怖い」という不安を感じますね。初めてチャレンジすることを怖いと感じるのは当然です。こちらでは、初めての方が安心してカラコンを使えるように、不安や恐怖を感じる理由と克服方法について解説します。


初めてのカラコンの使用を怖いと感じるのはなぜ?

初めてカラコンを使う方が、不安や恐怖を感じる圧倒的な理由が、「目にレンズを入れるのが怖い」というものです。

コンタクトの中でも、ハードコンタクトはレンズが硬いので、確かに慣れるまでは違和感があります。痛みというほどではありませんが、目がゴロゴロするような不快感も生じます。しかし、カラーコンタクトのようなソフトコンタクトは、素材が水分を含んでいて柔らかいので、きちんと眼科医に使用を認められている方なら、目に入れて「痛い」と感じることはありません。安心して使ってください。

そうは言っても、正しい入れ方や外し方が分からなければ、目を傷つけてしまうので、その点には注意が必要です。ここからは、レンズの正しい入れ方と外し方をお伝えします。

レンズの正しい入れ方

1.石鹸で手を洗う
レンズを入れる前に、まずしてもらいたいのは、“石鹸を使って手を洗う”ことです。手が汚れていると、レンズも汚れたり、雑菌がついたりしてしまいます。目のトラブルに繋がってしまうので、レンズを入れる前は、必ず手を洗ってください。また、手が濡れていると上手くレンズが入らないので、きれいなタオルで手をしっかりと拭きましょう。

2.レンズを指先に乗せて裏表を確認する
カラコンのレンズには裏表があります。裏表を間違えると、違和感を覚えたり、目に傷がついたりするので気を付けましょう。裏表は、人差し指の先にレンズを乗せて確認します。レンズがきれいなお椀型になっていたら正しい向きです。裏返っているレンズは、フチが外側に反っているので、しっかりチェックしましょう。カラコンの場合、裏側は色素が少し薄くなっているので、こちらも併せて確認すると、より確実です。

3.下まぶたを引き下げながら、ゆっくりレンズを入れる
裏表を確認したら、実際にレンズを入れてみましょう。鏡を見ながら、利き手とは反対側の指で下まぶたを引き下げ、大きく目を開きます。そして、そのまま利き手の指に乗せたレンズをゆっくりと近づけます。途中でまばたきをしてしまうと、指先からレンズがずれてしまうので、できるだけ我慢してください。瞳の上にレンズを乗せ、馴染むのを確かめたら、指を離してください。これでレンズの装着は完了です。

レンズの正しい外し方

1.石鹸で手を洗う
レンズを入れる時と同様、外す時も必ず石鹸で手を洗って、タオルでしっかりと拭いてください。

2.下まぶたを引き下げ、反対の指先でレンズを優しくつまむ
鏡を見ながら、利き手とは反対側の指で下まぶたを引き下げるまでは、入れる時と同じです。外す時は、利き手の親指と人差し指の腹で、優しくレンズをつまみます。白目の部分にレンズをずらして、指の腹で押し上げるようにすると外しやすいですよ。この時、レンズに爪を立てないように注意してください。

実際につけてみると、思ったより違和感がなくてびっくりする方が大半なので、勇気を出してチャレンジしてくださいね。最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れればスムーズにつけ外しができるようになります。最初の眼科での検診では、レンズのつけ外しの練習ができます。ここで、たくさん練習しておくといいですよ。

トラブルが怖くて使えないという悩みも


初めてカラコンを使う時は、目の病気のようなトラブルに対する恐怖もあります。しかしこちらも、正しい使い方をすれば心配ありません。ここからは、カラコンの正しい使い方をお伝えします。

装用期間を守る

カラコンは商品によって、使用できる期間(装用期間)が決まっています。ワンデータイプは、使い終わったらその日のうちにレンズを捨てなければなりません。2ウィークタイプとマンスリータイプは、それぞれパッケージを開封してから2週間と1ヶ月間使えます。どのタイプも、装用期間を超えて使うことは絶対にやめてください。

レンズをつけたまま寝ない

カラコンの装用中は、瞳に酸素が触れにくくなっています。その状態で寝てしまうと、瞳が酸素不足になって、目の病気やトラブルの原因に。どんなに疲れていても、短時間でも、眠る前には必ずレンズを外しましょう。

しっかりレンズケアをする

2ウィークタイプとマンスリータイプは、レンズを外したらケアをして、汚れを落とさなければなりません。ケアをする時は、まず手のひらにレンズを乗せ、専用の洗浄液を垂らします。指の腹でレンズの表と裏を20回ずつこすり、終わったら洗浄液で洗い流します。その後、ケースに満たした保存液に浸ければケアは完了です。

違和感に気づいたら眼科へ行く


レンズを入れている時も、そうではない時も、目の状態には常に注意を払いましょう。そして、少しでも違和感があったら必ず眼科に行き、眼科医に相談してください。早くにトラブルを発見し、対処することが大切です。

トラブルが怖いという方は、カラコンの選び方も意識してみましょう。ワンデーアキュビューディファインモイストや1DAY FRUTTIE、アイコフレワンデーUV Mは、それぞれジョンソン&ジョンソン、メニコン、シードという、クリアコンタクトで有名なメーカーが販売しているカラコンです。目の健康や安全に配慮した作りになっているので、初めての方でも安心して使えます。

カラコンを購入するショップも大切です。最初は、専門のスタッフが相談に乗ってくれるアイシティのような専門店や、国内正規品のみ取り扱っているレンズアップルのような通販サイトでの購入がおすすめです。

カラコンは、オシャレの幅を広げてくれる素敵なファッションアイテム。使い方などに気を付ければ、メイク用品と同じ感覚で使うことができ、トラブルの心配はありません。正しい知識を身に着け、不安や恐怖を克服して、カラコンでのオシャレを楽しんでくださいね。

このコラムを書いた人
著者の写真
日向
  • コンタクト歴
    7年
  • 好きなコンタクト商品
    アキュビューオアシス、エマーブル(ピュアアンバーマーブル)
  • いつも購入してるショップ
    Amazon、モアコンタクト
  • 最近のコンタクト悩み
    気づいたらレンズが外れてた
  • 最近はまっていること
    通販ショップの商品を眺める、買い物